Kyouhei

Site Reliability Engineer

地球の裏側にいるエンジニアと
同じチームで仕事をしています。

なんだこの会社!めっちゃおもしろい!最初の印象はこうでした。
エンジニアを自由にすることが結果に繋がると認めている会社です。

My Job

世界のどのタイムゾーンの中でも、
ユーザーへサービスを提供するように勤めるチーム。

我々のチームはSREといって、サイトの信頼性をエンジニアリングによって保証し向上させるチームです。
Indeedは求人検索エンジンなのですが、SREって簡単に言うとそのサービスがお客様の満足できる品質で、24時間365日稼働することを保証し続けるチームです。Indeedは世界中でサービスを提供しているので、例えば日本時間の日曜日にサイトを停止しよう、などはできず、常に稼働させ続ける必要があります。増え続けるリクエストの数をどうやって安定して捌くか、どうやってパフォーマンスを向上するか、どうやってスケールアップさせるか、そういったことが主な業務のですが、その他にもIndeedの各アプリケーションの監視や、トラブル時の障害対応、業務の自動化、更に新規システムのデザインのレビューなどを、世界中にいるチームメンバーと一緒にやっています。
監視や障害対応ではどの時間帯に事象が発生したかによって、世界中に割り振られるんです。今は東京とオースティン、サンフランシスコ、シアトル、インド、ダブリンにSREのチームがあり、タイムゾーンごとに対応するチームがずれていく仕組みです。例えばあるサービスがうまく動いていない、といったアラートがあれば、この時間帯は日本へ、この時間帯はインドへ、と。地球の裏側でも同じチームが動いているって面白いですよね。これは障害対応の例ですが、こうやって世界単位で24時間365日サイトの信頼性を保証しているところが、開発チームなどとは少し違って面白いところです。

My Story

絶対にブレないJob Seeker First、Data Drivenの文化

僕は日本のIndeedオフィスでも初期メンバーの1人なんですけど、当時はIndeedって言われても全く知らなくて(苦笑)、日本オフィスに社員が4人だって言われて、なんだろうこの会社は?みたいな感じで面接を受けました。
そうしたら、面接がもの凄くおもしろくて。普通面接って、履歴書片手に色々面接官に聞かれるってスタイルを想像するじゃないですか。でもIndeedの面接では、部屋に入るなりキーボード渡されて、「今からサーバーに入ってトラブルシュートしてみて」って言われて。それで僕も「え、コマンド忘れたからググってもいい?」みたいになって。なんだこの面接、なんだこの会社、めっちゃ面白いぞ!って一発で好きになりましたね。そのトラブルシュートをなんとかパスしてその後オースティンの本社にも面接に行ったのですが、当時はまだチームが小さかったのもあって、2日間かけてチームの全メンバーと面接をしました。技術や知識ももちろんなのですが、それがもし足りなくても、考え方を問うような面接でした。それと、オフィスが凄くて圧倒されました。ひとりに与えられるスペースが広いし、ランチは社内のカフェテリアで食べ放題だし、夕方になるとビールを飲んでいる社員がいる。その時びっくりしちゃって、「え、ビール飲んでるの?」って言ったんですけど、「お前はビール飲んだら仕事ができなくなるのか?」って言われて。いままで日本では見たことのない環境でしたし、これはなんとしても入社しようと。また好きになりました。
Indeedの特徴は、誰が我々の一番大事なユーザーかっていうのを常に考えていることですかね。あとは、完全なデータ至上主義。データに基づくことは提案できても、誰かのツルの一声で機能が実装されたりサイトが変わることはないです。そこが絶対にブレないところが、凄いと思っています。

My Message

真剣に仕事をしているエンジニアに最適な環境

我々の評価は、結果、つまりアウトプットが全てです。その結果を出すために、会社も全力でサポートしてくれているところがIndeedらしさですかね。みんなを型にはめて、こういうふうにやれっていうのが旧来の方法だと思うのですが、ここでは寝ててもいいよ、何しててもいいよ、そんで結果も出そうねっていう環境が貫かれています。だから、オフィスでお菓子や飲み物や食事が提供されて、ソファや卓球台やプールテーブル、ジムまであるんですよ。これは、世界中のIndeedエンジニアオフィスで共通です。普通は好きにさせたら、サボったり生産性が低下することを心配する場合が多いと思うんですけど、Indeedは好きにやらせることが結果につながるってことを、積極的に認めているところが凄いです。だから、Indeedのエンジニアは一所懸命仕事しているけど、みんな一所懸命遊んだりします。仕事が終わればビールを飲み始めたり、急にジムで運動しはじめたり。真剣に仕事しているだけではないのがいいですね。