Hayato

Director of Sales - アウトサイドセールス

インターネット広告代理店から
メディアへの転職。

デジタルマーケティング業界での経験が、HRxITの世界で活きています。

My Job

競合はリスティングやディスプレイ広告。

私が所属しているJBSAという組織は、主に人材業を営んでいるお客様(求人媒体社様、派遣会社様、紹介会社様)に対して営業活動を行っています。
JBSAのお客様は、IndeedをWEB広告の集客施策のひとつとして活用いただくケースが多いため、競合となってくるサービスはリスティング広告やディスプレイ広告です。昨今では求人単位での広告展開手法が増えている中、検索結果に対して求人単位で広告を出すことができるIndeedは、高い効果が見込めるのが特徴です。
WEB広告を扱っていた立場から見ると、人材業界でのデジタルマーケティング施策においてIndeedを使わない手はない、と素直に思えるサービスなんですよね。
ただWEB広告をIndeedに1本化すればいいという単純なものではないので、他の集客施策とどういった相関関係があるかを理解し、他の集客施策とも絡めながらお客様にご提案をしていくことが多いです。
Indeedのプロダクト力は非常に強いので、可能性はどこまでもあると思っています。

My Story

WEB広告の知識がこんなに
活かせる仕事だとは思いませんでした。

前職でWEB広告を取り扱っていると、扱うWEB広告媒体やサービスが無数にあり、その組み合わせを楽しんでいるところがありました。そこに対し、Indeedはひとつのプロダクトなので、最初は少し抵抗ありました。実際は、このひとつのプロダクトだけでも提案は無数にあります。
僕はメンバーと同行してサポートをする立場なので、実はあまり営業現場でIndeedの話はしていません。それよりも、Indeed以外の集客施策との相関性や、デジタルマーケティング施策の全体最適化の話をすることでお客様のビジネスの成功をサポートしています。
現場で動くお客様は、媒体に頼ってきた分WEB広告の仕組みを熟知できていない方もいらっしゃるので、僕のWEB広告の知識はとても喜ばれたりします。経験を活かしたまま自社のプロダクトを提案できる。これは入社するまで想像もしなかったですね。

My Message

Indeedで取り扱うサービスは1つでも、
デジタルマーケティング領域の知見は存分に活かせます!

正直今まで経験を積んできたことが、こんなに活かせるとは思いませんでした。
お客様に対して話していることは、WEB広告をどう活用してビジネスを成功させるかということは一緒なんですが、Indeed以外の施策の話をする際、代理店としての立場の時よりも、今の立場の方が話を聞いてもらえる度合いが全然違います。恐らく、Indeedの人間がIndeed以外の話をしていることで、親身になって話をしていると思っていただけているのかもしれません。話者の立場が変わるだけでこんなに違うものなんですね。