Yuya

Director of Sales - 代理店営業

日本の人材業界の当たり前を、
覆していっている感じですね。

人材業界が作っていった勝ちパターンを覆しながら、
もう一度はじめから新しい採用手法を設計する側に。

My Job

代理店がIndeedを売れる仕組みをつくる。

僕がIndeedに入社した頃は、まだ仕組みもなく代理店がIndeedをなんとなく売っているのを、サポートしていたくらい。この1年でその販売支援の仕組みづくりから始めていきました。
僕の仕事は、代理店がIndeedを売れるようにすることですが、その先の代理店の未来のことも考えています。既存の媒体事業だけでは頭打ちになってしまう採用提案に、Indeedを組み込むこと。
→代理店を通じて、Indeedが日本における採用の当たり前になり、企業の採用成功、求職者の仕事探しの実現が出来ることが、僕のMissionですね。

My Story

日本特有の代理店制度、彼らに寄り添いながら
どうやってIndeedを組み込んでいくか。

Indeedの商品を、Indeedが直接販売するのではなく、代理店に営業してもらうには、日本ならではの仕組みが必要になります。グローバル視点で見比べると、企業成長の文化が違いますからね。そのために、売れる仕組みを重視するのではなく、代理店事業の将来を描くことから始めました。代理店の社長と話をして、これからの人材マーケットに立ち向かえる事業母体を設計していくよう話し合います。
実は、グローバルの中でも認定代理店制度をつくったのは日本が初めて。彼らに寄り添いながらどうやってIndeedの事業に投資をして頂くか、販売を推進して頂くか、が課題です。
実は、ずっと前職で代理店支援事業をしていたので、不思議な感じですよ。
でも売るものが変わっても、代理店の未来を考えている点では同じですね。ひとつの会社がIndeedの販売戦略によって、大きく飛躍を遂げたりもします。それは最高に楽しい瞬間ですよ。

My Message

経営を動かす責任も背負っています。

代理店と一言で言っても、日本で歴史ある企業ばかりです。
その一世代を築いてきた社長と、これからの人材マーケットの未来に対抗できる戦略を練っていきます。これって、その企業の経営を動かしているのと同じことなんですよね。変化の少なかった日本の採用マーケットに、大きな布石を打っている状態。今までのアメリカの変化をみても、これからの日本は変わっていくだろうと予測がつきます。その視点で、代理店と話し合い、Indeedを売る仕組みをつくり、代理店が売れる仕組みを代理店の中にも設立してもらい、一緒に時代の変化に挑んでいます。こんな体験、他にはないと思いますよ。