Kazushige

Account Executive - アウトサイドセールス

キャリア選択は
人生の中での大きな意志決定

これからの未来を創る子どもから日々働く大人まで、
あらゆる人々が自分らしい「働き方」を意志決定ができる世界を。
その変革者になるべく、リアルな社会課題に真正面から向き合います!

My Job

お客様のビジョンを一緒に語れるような営業に

僕のチームは、各企業様の自社採用の支援をミッションとしています。
単なる御用聞きではなく、その会社が目指す未来を伺い、その道筋のなかで、Indeedが効果を発揮できるのはどこかを考えていきます。ただ単に媒体のひとつとして使ってもらうのではなく、なぜIndeedを使う必要があるのか、お客様に理解していただくことを大事にしています。求職者の働き方が変化し、採用施策も多様化している今、これまでと同じような媒体掲載メインの採用を続けていていいのかと、多くのお客様が悩まれているところです。
よい人材を獲得するためには、ビジョンや直接の想いを候補者に伝えることが重要であり、その場としては、自社採用サイトが一番適切なはずなんです。そして、それを支援できるのがIndeed。
新しいオウンドメディアリクルーティングを、Indeedで成功させていきます。そのためには、お客様のビジョンを一緒に語れる営業でいなくては、と考えています。

My Story

キャリア選択の意思決定に変革を起こしたい

学生の頃から長い人生の中で大きな意思決定の機会、つまり「ライフイベント」に興味がありました。なので、大学卒業後は教育業界に進み、高校生の進学や就職支援をしていたんです。
ただ、自分自身が社会人になり、また様々な高校生と向き合う中で、段々と「働く」ということが、一生の中で時間的にも、生きる上でも、大きくて重要なことだと肌で感じるようになりました。日本の特殊な就職事情や、地域によって情報格差がある現状。それらを踏まえ、「働く」ことに関する意思決定を根本から変革したい。
これを実現できるのが、まさにHR×ITの領域で問題解決を行っているIndeedだと思い、転職を決めました。

My Message

働く上での「テーマ」や、強い「こだわり」がある方と働きたい

Indeedは、結果を出せば評価され、仕事をどんどん任せてもらえるという環境です。ですが、個人の成績だけにとらわれることなく、チームのみんなが成長し、成果を出していける仕組みを全員が作っています。例えば、営業部署内で成功事例の共有や、クライアント企業様の課題などを共有することで、お互いを高めあうという文化があります。ですので、個々の実力とチームとしての実力を両方兼ね揃えた会社と言えると思いますね。そこが難しくもあり、面白いところでもありますね!
また、自分のテーマやこだわりがないと、プロダクトも理念も強いIndeedだからこそ、単なるモノ売りになってしまうかもしれません。逆にIndeedの理念である「I help people get jobs」に自分なりのこだわりが重なったとき、まだ誰も見たことのない世界が広がってくるんじゃないかな、と思います。そんな方と共に高め合っていきたいです。