Taiki

Director of Sales - アウトサイドセールス

未成熟な企業だからこそ、
自分を試せる場所

このままでいいのか?35歳になったとき、もう一度何かやりたかった。

My Job

Indeedって何?を正しく伝えたい。
Indeedのいいサービスを一人でも多くのお客様に。

私が所属しているDEという部署の主な業務は、Indeedを使っていただき、クライアント企業様の採用を実現することです。採用課題を解決するために、経営者の方々や人事の方々と一緒に採用課題に向き合っていきます。求人検索エンジンのIndeedのサービスは「ダイレクトリクルーティング」や「オウンドメディアリクルーティング」という新しい手法と精通しています。
この採用難の時代だからこそ、多くの企業が採用課題と真剣に向き合い、試行錯誤しています。ですので、Indeedの価値を提供できる場は整っていると本気で全員が思っています。私の仕事はこの負を解決できるサービスを国内に正しく浸透させていくことです。そのために部署内での成功事例の共有はもちろんのこと、みんなが挑戦しやすい環境を提供していくことを心がけています。

My Story

まだ未成熟な企業で、もう一度何かをしたかった。

35歳になったときに、このままでいいのかな?…って思いました。私のキャリアは一貫して求人業界でした。従来の求人媒体などで色々挑戦させていただき、役職ももらっていました。それでも、頭の中には「もう一度大きな何かをやりたい」という思いがありました。
まだブランドも出来上がっていなく、組織も未成熟、だけどこれから成長していこうとする企業で再度挑戦したいという思いでした。
一番最初にIndeedが自社採用をしているという話を聞き、当初は「なんだ?この、なんちゃって外資っぽい会社は?」って思ったのを覚えています。実は…最初はあまり信用はしてなかったですね(笑)。この会社は日本の採用マーケットを本気でひっくり返そうとしているのか?できるのか?なんて疑問も正直ありました。
でも、Indeed Japan日本法人の代表とお会いする機会をもらえ、話を聞けば聞くほど求めていた環境がある、ひっくり返せるポテンシャルもある、そして本気でIndeedを信じているメンバーがいるというのを選考を通じて感じ、入社を決意しました。

My Message

将来の自分のために、今何をやるべきか。

TVCM効果で名前は以前の何倍も認知してもらっているとプライベートでも感じることができます。Indeedという企業名ではなく、サービスを体験して欲しい。この新しいサービスで、経営者の方々や、人事の方々に新しい成功体験をして欲しい。このように、クライアント企業様の採用実績にコミットできる人がまだまだ必要です。
僕自身は自分が50歳を迎えるときに後悔しないように、今はなんでもチャレンジしようと決めています。どんなことでも結果を出します。やりきります。そんな、クライアント企業様だけでなく、自分の成長にもコミットできる人、将来のために何をやるべきかを考えれる人と一緒に仕事ができたらと思っています。