Yuri

Account Executive - インサイドセールス

ユーザーの反応を
ダイレクトに感じるサービスは
Indeedならでは。

「ステップアップのための転職」
今後の日本でも当たり前になるのではないでしょうか。

My Job

Indeedのサービスの使い方をもっと
知っていただくために、あらゆる業界のお客様へ提案。

私の所属しているチームは、営業部署の中でも中小企業様に絞って採用支援をしています。採用課題を抱えているのは、大手企業様だけでなく、地方や自社サイトの準備のない中小企業様も同様です。そのようなクライアント様の採用課題を解決していくのが私の所属しているインサイドセールスチームです。お客様も全国のあらゆる業界や地域と多岐に渡ります。
実際にお電話でお話をしてみると、Indeedのサービスの認知は浸透しきっておらず、どれくらいの予算をかければいいのか、効果を出すにはどうしたらいいのかなど、お客様の状況に応じた提案をしていかなければいけません。
固定の料金プランがあるわけではないので、自分の経験や採用知識をフルに使って組み立てが必要です。運用施策次第で効果は変わります。これまでの日本の求人手法である、掲載して待つだけではなく、自社で工夫をし採用活動に取り組む際に、お客様もどうしていいのかわからない場合があります。だからこそ、私たちがいる意味があると思いますし、そこにやりがいを感じています。

My Story

ダイレクトリクルーティングをアメリカで知りました。

Indeed Japanの営業職として新卒入社1期生となります。
日本の大学を卒業後、アメリカへ留学。そこでIndeedを知りました。
日本では、ひとつの会社に入ると長くいることが当たり前になっていますが、アメリカでは自分の身につけたい知識や経験を取得すれば、次の挑戦場を求め転職することが多いと思います。
Indeedは、そのような志の求職者の転職活動を実現をお手伝いできるサービス。
これからの日本もIndeedを使って海外のように転職が当たり前に、そして気軽にステップアップができるような世界に変わっていくのではないかと思うようになりました。
そこが私がIndeedの入社を決めた理由になります。変わっていく雇用のマーケット、そして働き方が急速に変化していっている市場で価値を提供できる会社だと思いました。

My Message

お客様とIndeedが協力してこそ成功する採用手法で、
多くの結果を出したい。

求人手法でユーザーの反応を直で見ながら運用ができるのは日本ではIndeedのサービスくらいだと思っています。また、地域別でしたり、職種別でそれぞれに適した方法で求人広告を運用していく。まだまだ従来の掲載料金という求人手法と思われがちですが、私たちのサービスは「掲載する」ではなく、一緒に「運用しながら効果を出す」モデルです。自社の魅力や特徴を再度振り返り、待つだけではなく、「伝えていく」ことのできるサービスがあるということを、もっとたくさんのお客様に知ってもらいたいです。
まだまだ会社やサービスにポテンシャルがあると思っています。会社のミッションや、可能性を信じてくれる人材と一緒にお仕事をしたいです!