Tsutomu

Director of Sales - インサイドセールス

大事なのは
自分自身に勝てるかということ

与えられた目標以上をやれるかで、成長は変わる
当たり前を覆す会社にいるからこそ、自分も当たり前にとらわれてはいけない

My Job

マーケットの成長に負けるな。
メンバーにそう伝え続けています。

私のミッションはインサイドセールスの領域長として、全国の中小企業様の採用課題を解決することです。なかには自社サイトが無いでしたり、地方で人材応募が来ないなど、地域や会社規模により多種多様な課題があります。
最初の頃は、どうやって多くのお客様に営業するかの仕組みも整っていなかったので、土台作りから始めました。仕組みさえ整えば、売上げは伸びます。TVCMの効果もあって、少し前と違いお客様に話を聞いてもらるようになりました。認知度も上がり、成功事例も蓄積されたこともあり、Indeedをご利用していただくまでのスピードも早くなったと感じます。
全部署が本気で取り組んでいる、土台もできている、認知度も右肩上がり。他社には負けないプロダクトと人材がいます。勝てます。
だからこそ、今大事なのは自分に勝てるかということ。伸びているマーケットの成長だけで仕事をしていれば、それは自分の成長ではありません。与えられた目標をやるだけでは、自分の成長は止まるとメンバーには伝えています。目標はボードに書かれたものじゃない、マーケットの成長に負けるなってメンバーには毎日言ってますね。

My Story

メンバーが活躍できる土台を1から組み立てていく。

昔から何でも売れる営業のプロになりたいと思っていました。そのためには、お客様のことを誰よりも考え、同じ目線で話ができるということが鍵だと考えています。そんな中、自分がやりがいに感じるようになり夢中になれる瞬間は組織の土台作りや仕組み作りでした。自身の経験やノウハウを活かし会社に一番大きくインパクトを与えられるのは、1→100の仕組みや土台作りだと思いはじめました。
Indeedのことは知っていました。インターネット業界にいましたから、検索すると検索結果に頻繁に名前がでるなと。何か来たな、何か起こるな、とだけ思っていたのが一番最初でした。そんな時に、インサイドセールスチームを急速にスケールさせるという話を耳にして、もう一度がむしゃらに挑戦できる場が欲しいと強く感じたのを覚えています。
前職でも、全国お客様に向けて電話セールスでサービスを拡販する部署を立ち上げてきました。部署を立ち上げていくって、体力も頭もものすごく使います。だけど、それが面白い。仕組みがあるからの成功じゃなく、メンバーの成長がキーなんです。Indeedの事業成長を仕組み作りから貢献していきたい。そしてメンバーが活躍できる土台を1から組み立てていきたい。それができる、求められている会社だと思い入社を決意しました。

My Message

常識にとらわれてしまうのは非常識

Indeedで働くことで得られるものって、まだ未知数なんです。Indeedの市場に提供できる価値が高まり、売上げも上がりIndeedは急成長しています。
そんな来年が想像できないくらいのスピードで成長している企業の中にいるからこそ、チャレンジしていける環境があると思っています。ですが、成長したいという個人の意識を弱めてしまうと、本人の成長は止まってしまいます。今の当たり前を覆す会社にいるからこそ、今までの自分の当たり前や常識にとらわれてはいけないと日々強く思っています。「常識にとらわれてしまうのは非常識だ」。そう思い直して今のミッションに没頭しています。
会社が大きくなってきていますから、ポジションはたくさんあります。もう一度がむしゃらに挑戦したいと思う方にはチャンスだと思いますよ。