indeed Careers

We help
people get jobs.

のミッションのもとに、
私たちが目指す先がある。

MISSION

“We help people get jobs”を通じ、
求職者の人生を後押しする。

Indeedは“We help people get jobs”をミッションとして掲げています。

Indeedで働く人々(“We”)は、すべての人々(“people”)が自分らしく生きられる仕事と出会う(“get jobs”)手助け(“help”)をしたいという思いを込めた言葉です。そのミッションに基づいて私たちは「求人検索エンジン」というサービスを提供しています。

求職者が仕事をただ見つけるだけではなく、見つけた仕事を通じて生きがいや喜びを感じていけるような、”幸せな仕事探し”をIndeedとして応援していきたいという気持ちも込められています。

BACKGROUND

「就社」ではなく、
本来の意味での「就職」の時代が来た。

日本では今、求職市場を取り巻く環境が大きく変わろうとしています。新卒で就職した会社でずっと働く「就社」ではなく、自ら選んだ“職業”を軸にしてキャリアを積み重ねていくという本来の意味での「就職」の時代が到来しています。

その変化を起こしている世界的な要因は、グローバル化による競争の激化や、テクノロジーの進歩です。社会が急激に変わっていくなか、より専門性の高い人材が求められるようになっています。その結果、専門性を高めるために転職を繰り返す人が増え、また、専門性があれば転職しやすくなっています。

国内における要因としては、少子化により人手不足が顕著になっていることや、景気が緩やかに回復していることも挙げられるでしょう。有効求人倍率が上昇し、企業よりも求職者にとって有利な状況が生まれ、転職回数は増加しています。

       

さらに近年では、求職者の求職リテラシー(情報収集・情報選別力)の進化や、働き方に対する価値観の多様化が進んだ結果、求職者の「仕事さがしの方法」が変化しています。かつて、求職者は社会が規定した業界のカテゴリーに沿って「仕事を選んで」いましたが、現在は自分の言葉によるフリーワード検索を行って「仕事を探す」傾向があります。

フリーワード検索を使った「仕事さがし」が浸透するなかで、求職者は仕事探しにおいて自身の価値観を重視するようになっています。その結果、これまでの企業活動に対する魅力だけに注目した「就社」活動ではなく、その仕事自体に魅力を感じて職に就く、真の意味での「就職」活動が始まっています。

こうした背景から、採用を行う企業側にも変化が求められています。職種名、スキル、”在宅勤務”や”フリーアドレス”といったワークスタイルなど、選択の幅が以前より広がっています。それに伴い、求職者の価値観に紐付いたキーワードも多様化し、仕事さがしの方法も増えています。そのため、採用する企業側も、詳細なJob Description(求人票)などを通して自社の魅力や仕事内容をしっかり言語化し、求職者の意図するニーズや検索ワードにうまく引っかかるような情報発信を行うことで、彼らに見つけてもらう必要があります。

WHY Indeed

求職者のニーズを満たせるからこそ、
Indeedの価値がある。

Indeedは、インターネット上のあらゆる求人情報をクローリングして収集しています。収集した情報を基に、「業界」「企業名」「場所」などのカテゴリだけでなく、ワークスタイルやトレンドワード、文章での検索にも対応できるようデータベースを構築しています。

そして、そのデータベースから求職者は自身のニーズにマッチした求人情報を包括的に引き出すことができます。Indeedは求職者の多彩なニーズに応えられるサービスであり、世界No.1求人検索エンジン(注1)として多くの求職者に利用いただいています。「興味のあるキーワード」や「実現したいワークスタイル」などを起点に、個人の価値観を軸にした仕事さがしができるのです。その結果、これまで知らなかったけれど、まさに探していたような仕事や、そんな仕事ができる企業との“出会い”をもたらしてくれるのです。

Indeedian

本気で仕事さがしの手助けをしたい人に来てほしい。

Indeedのオフィスには多種多様な人材が集まっています。Indeedに関わる多くの人たちが、異なった考え方や能力や経験を持ちながらも、それを認め合って働いています。それは検索キーワードの多様化を体現するようなものだとも考えています。そんなサービス・社内環境ともに“Diversity & Inclusion”を体現しているIndeedで、一緒に働いてくださる仲間を募集しています。

特に私たちが大切にしていることは、求職者の仕事さがしを本気で手助けしたいと考えているかどうかです。“Job seeker(求職者)”に寄り添い、彼らが最適な仕事に出会えるようにすることは、企業がよりよい採用をすることにもつながります。また、その過程をIndeedの社員として手助けすることは、自身の成長にもつながるでしょう。

Indeedは、“We help people get jobs”というミッションをベースに、Job seeker firstの視点で常に求職者のことを第一に考えたサービス開発を行なっています。そんな環境で、求職者と企業との出会いを本気で手助けしたいと思っている人と働けることを楽しみにしています。共に業界を引っ張る存在となりましょう。

代表取締役ゼネラルマネジャー
高橋 信太郎

注1:comScore, 総訪問数, 2019 年 9 月