indeed Careers

2021/04/21 Career

【Indeedの仕事紹介 #2-3】Talent Attraction(採用)ってどんな仕事?どんな人たち?〈Recruiting Coordinationチーム編〉

Indeedではビジネス拡大に伴い、グローバルにご活躍いただける新しい仲間(Indeedian)を積極的に募集しています!今回は、Indeedへの転職を希望される求職者様とIndeedを繋ぐ役割を果たすTalent Attraction(採用)チームについて3部構成でご紹介します。実際に求職者のみなさまとも接することが多い私たちについて、その役割って?どんなメンバーがいるの?やりがいとは?など自己紹介のつもりで記事を作成しました。第3部はRecruiting Coordinationチームについて、Team LeaderのAyanoへのインタビュー形式でまとめています。ぜひご一読ください!



Recruiting Coordinationチーム

Ayano’s Profile
2011年に新卒としてリテール企業へ入社し、VMDとしてキャリアをスタート。2013年に外資系化粧品企業へ転職し、Recruiter兼Coordinatorとして採用業務に従事。2016年より日系化粧品企業にて再度VMDを経験した後、2017年に外資系スポーツ用品メーカーへ転職し、APACのRecruiting CoordinatorやJapan Retail StoresのRecruiterを経験。2020年2月にIndeedへRecruiting Coordination Team Leadとして入社。

どんな構成?
APACのRecruiting Coordination組織の中で、私たちはJapanにおけるNon-Tech(ビジネス・コーポレート)採用のコーディネーションを担っているチームです。私の直下には、3名のメンバーがいて、現在はJapan TechのCoordination Teamから1名のヘルプメンバーを加えた4名と共に仕事をしています。メンバーの前職は、役員秘書やキャビンアテンダント、高級マンションのコンシェルジュなど様々なのですが、全員の共通項としては「採用や人事の未経験者」「対顧客・対社内のアシストやサポートのプロフェッショナル」といったところでしょうか。Recruiting Coordinatorの職務は、正確性・スピード・柔軟性が非常に重要で、それも細部に至るまで拘って遂行することが必須であるため、例え採用や人事の未経験者であっても、メンバーそれぞれが持ち合わせている性格や前職までの経験・スキルを存分に使って活躍してくれています。私たちの仕事はCandidate Experienceに直結しているため、こういったソフトスキルを有していること、また磨き続けることが非常に重要だと思っています。加えて、Hiring ManagerやRecruiter、求職者の方が外国籍の場合でも、同じく正確性・スピード・柔軟性をもって対応しなければなりませんので、日本語だけでなく英語においても品質を下げることなく業務を遂行できることが求められています。

1日のスケジュールは?
9時〜17時半の勤務で残業はほとんどしていません。たまに遅番といって10時〜18時半など面接対応のために勤務時間を後ろにずらすことはありますが、基本的には定時内で完結するようにしています。1日のスケジュールは日によって異なりますが、まずはメールチェックから業務を開始し、求職者からのお問い合わせなどが届いていた場合は速やかに返信できるように努めています。そして、Recruiterから提出された面接リクエストに基づき、Coordinator全員で分担しながら各面接調整を進めていきます(少ない時は1日あたり5件程、多い時で20件程の面接を調整しています)。その他の業務としては、オファーレター作成や入社準備関連の仕事があり、それらも時間・労力ともに費やす非常に重要な業務です。オファーレターはオフィシャルかつ重要な書類ですので、氏名や英語の記載誤りはもちろん、1つのミスも起こらないよう細心の注意を払っています。また、入社準備に関しては必要なステップも多いので、1つひとつのステップが滞らずスピーディに進んで行けるように、あらゆるステークホルダーを巻き込んだタスクマネジメントスキルも求められます。加えて、諸々の手続きのため内定者の方にも個人情報をご自身で入力していただくフローがあるのですが、その際に内定者の方から多くのご質問を頂戴することがあります。その質疑応答のラリーにも迅速かつ正確に対応していかなければなりませんし、質問内容によっては私たちだけでなくHRやPayrollなどの他部署を巻き込んで回答するケースもあります。これらの業務を同時多発的に遂行していくため、マルチタスクスキルはもちろんのこと、1つひとつ焦らず、かつスピーディに、そして正確にこなせることが大切です。残業が少ない分ワークライフバランスは充実していますが、勤務時間中は集中力を絶やさずテキパキと業務に取り組んでいます!


目指す姿ややりがいは?
Candidate Experienceをより良いものに向上させていくことが私たちのあるべき姿だと思っています。質の高いCandidate Experienceの提供には、私たちRecruiting CoordinatorがKeyとなります。常に求職者対応のフロントに立っているので、Indeedブランドの顔として、私たち自身が自らの役割をしっかり認識して業務にあたることが肝ですね。責任も大きいですが、やりがいに繋がるポイントでもあります。
また、求職者をそれぞれ自分の担当として1次面接の時から入社に至るまで一気通貫して受け持つので、求職者に対して親ごころのようなものが生まれます(笑)自分が担当していた方と入社後に一緒に仕事をすることがあったり、そうでなくてもお会いした際に「選考中はどうもありがとうございました」などと声をかけてもらうことがあったりするのですが、そういう時は本当に嬉しいですね。サポートできてよかったなと心から思う瞬間です。求職者それぞれと真剣に向き合うことで1人ひとりへの思い入れも生まれ、仕事のすべてが印象深いものとなることがこの仕事の魅力だと思っています。

Team Leaderからのメッセージ
Indeedで輝ける人とは、自らチャレンジできる人だと思います。チャンスは会社が自動的に用意してくれるものではなく、自ら作り出すものであり、自ら獲得しに行くものです。そんな主体的・能動的なマインドをお持ちの方であれば、Indeedでの日々はきっと楽しいものになると思います。また、私たちRecruiting Coordinationチームは、オペレーションのプロフェッショナルを目指したい方、誰かのサポートをすることに喜びを見出せる方を歓迎します。自らのMissionを理解し、そこに懸けることのできる方はぜひ一緒に働きましょう!きっとみなさんの糧になる経験をしていただけると信じています。

IndeedのHR職種へのご応募はこちら